登記費用について

厚木での戸建てに関する登記費用について

厚木などで建物を購入したり、あるいは住宅新築一戸建てや中古の一戸建てを購入した場合であっても、その土地代も含めてローンなどで購入していれば抵当権を付けられますので、登記を必ず行うことになります。

その登記ですが代行申請の形をとることが一般的です。そろえるべき書類が様々で自分ですることは一般的ではありませんので依頼するのが通例です。その代行申請を職務としてできるのは司法書士になりますから、彼ら司法書士に依頼するときには登記費用以外にも彼ら司法書士への依頼料が必要となります。

厚木のようにある程度大きな町であれば司法書士も大勢いますから登記を依頼するのに困ることはないでしょうし、一戸建てを購入時に購入先つまり売却元となる不動産業者などから勧められることもあります。

厚木での一戸建ての購入を考える際には、その売却元となる販売業者つまり不動産業者を通じて司法書士と話をする可能性もありますし、直接やり取りをしてほしいと言われる場合もあります。

いずれにしても司法書士への依頼料と登記費用を支払って関係書類をそろえて提出し、代行を依頼するという流れになるのが一般的です。

関係書類は大抵の場合は不動産販売業者を通じて司法書士に渡すことになりますが、先述のように直接やり取りを依頼された場合には司法書士に連絡をとって郵送や持参などの方法で渡さなければならない場合もあります。

なお、ローンを組まない場合には登記の費用が無駄であると考えて登記をしない、その登記を行う必要はないと考える人もいますが、権利面で後日問題となることがあり得るため、できるだけ登記を行った方が得策であると言えます。

一戸建ての登記費用それ自体は高くありません。依頼料が安いところであれば依頼料込でも20万円から30万円もあれば、手続きはすべて完了できると考えて間違いはありません。

このように登記自体はそれほど高額ではないので問題にならないことが多いのですが、この不動産には税金がついて回ります。固定資産税は毎年1月1日の所有者に課税されますし、一戸建ての場合はその費用が建築年月日が新しいのであればあるほど高額になります。

土地の固定資産税はほぼ横ばいで動きますが、これら税金の支払いができるようにしっかりと対応を考えておく必要があります。一戸建てとその土地費用の購入費用や登記関係の費用だけでなく税金も十分考慮し、他にも修繕費なども積み立てるように家計を工夫することが大切です。”